映画 クロサギ

  • by
映画 クロサギ

「映画 クロサギ」は、2008年公開の日本映画で、夏原武と黒丸による漫画「クロサギ」を原作とした人気テレビドラマ「クロサギ」の劇場版です。テレビシリーズの放送(2006年4月14日~6月23日)終了後、多くの視聴者から続編希望が寄せられ、映画化が決定しました。監督はTBSの石井康晴、主演はNEWS(日本の男性アイドルグループ)のリーダー(映画公開当時)山下智久が演じます。その他、堀北真希、哀川翔、山崎努などテレビ版を踏襲するキャストに加え、竹中直人、大地真央、飯島直子らが劇場版で初めて登場します。公式主題歌はNEWSの8枚目のシングル「太陽のなみだ」です。

あらすじ

「映画 クロサギ」は、詐欺被害に遭い家族を失った青年黒崎が、復讐のために詐欺師のみを騙すプロの詐欺師「クロサギ」となり、詐欺事件で破滅した父の仇を取るべく奔走するクライム・ストーリー。家族を破滅へと追いやった詐欺師の御木本を追う黒崎は、詐欺師業界の大物である桂木を通じてレイコからの依頼を受ける。ターゲットである石垣は、かつて日本経済を揺るがした巨大詐欺を再び企んでいた。石垣の調査を進めるうちに、黒崎の逮捕に意欲的な警視庁の刑事神志名や、不正を行う大企業のみを標的にする詐欺師白石も石垣を追っていることが分かる。危険を顧みず巨大な陰謀に立ち向かう黒崎。石垣の過去を知るというさくらが現れ、衝撃の事実を知ることとなる。

映画:クロサギは、その内容の多くが代作者たちによって構成された犯罪系アクションドラマ映画です。また、黒丸、夏原、篠崎の三人が映画をより一層魅力あるものに仕上げています。山下智久ファンの方は、どうぞお見逃しなく。彼の家族が詐欺師の手によって経験した黒い詐欺師の役割を演じています。そして彼は同じプロの詐欺師を見つけ、こういった詐欺師らの犠牲になった彼の家族や他の人々のために彼らに復讐することを計画しています。

映画全体を通して、白詐欺であるシロサギ(白鷺)といったキーワードが用いられています。シロサギは本当に悪い詐欺師からお金を奪うために他人を騙したり他人から盗んだりする人を意味します。また、アカサギ(赤鷺)もいます。アカサギは、異性のターゲットから盗む者を表す赤詐欺です。クロサギは正義の味方であり、この映画は、シロサギとアカサギの残忍な手で家族を亡くした青年の物語です。

その結果、彼の痛みは、これらの詐欺師の残酷さに苦しんでいる彼の家族と犠牲者のための復讐に変わります。クロサギは正義だと思っていることを追求するために多くの危険に直面します。それは彼が探偵と警察当局に追われたときに起こります。

その結果、彼の痛みは彼の家族のための復讐に変わります。

シロサギ/白詐欺は言葉で他人を騙し、他の詐欺師であるアカサギ/赤詐欺は人の心と体を翻弄します。

夏原武の物語をもとに2007年にTBSが撮影したこの物語は、サスペンスに満ちた古典的なマンガの物語であり、視聴者の興味関心を一心に集めました。